合格できるスクール選び

勉強道具

どこに着目するのか

公認会計士を社会人からや学生が目指す場合、時間の確保が難しいです。社会人では仕事もあり、学生ですと予備校活用はダブルスクールなので忙しくて継続して学ぶ事が困難です。公認会計士試験のみに集中できる環境でない方には通信講座が最適です。時間に縛られる事無く自由に学習ができるのですが、DVD学習やスカイプを利用した質疑応答が可能な事等、自由ですがペースを作りやすく充実した学習が可能です。通信教育を活用して勉強を行う事は良いのですが、その自分に適しているスクールを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか。どの通信講座も公認会計士に合格する事が目標です。しかしスクールによって勉強方法やその考え方に違いがあります。論点を全て覚えるタイプや逆に重要点に集中して合格を目指す方針等があります。自分の考え方と合っているのかをまず確認する事が重要と言えます。人は培った自分なりのスタイルを崩す事にストレスを感じますので、体験動画や資料を利用して情報収集を行うと良いでしょう。公認会計士試験は有名な国家試験なので有名な講師もいます。有名な講師だから合格する保証はないので、基本的にはその講座の勉強法と質を中心に選ぶ事になります。目星がついたら通信講座で重要度の高いサポート体制を確認する事で受講する講座を絞り込めます。通信講座では受講中に講師に質問する事ができないので、質問にどういった方法で応じてもらえるかという学習のフォロー体制が重要になります。さらにはモチベーションを保って勉強を続けられる様な自習室が活用できたり生徒との交流があれば尚良いと言えます。以上の様に良い勉強法だと世間ではあちこちから情報が入るでしょうが、自分のスタイルに合っている事及び学習フォロー体制が整備されている2点を中心に探す事が間違いの少ない方法です。

Copyright© 2018 独学のような宅建学習法!自分のペースで学習するというメリット All Rights Reserved.