誰でも取れる国家資格

男女

合格するためには

誰でも取れる国家資格で収入に役立てることができるものが、宅建です。宅建は正しくは宅地建物取引士のことで、その名の通り宅地における土地や建物の取引をするさいに必要な資格です。この宅建の資格は学歴による制限や年齢による制限がありませんから誰でもチャレンジすることができます。さらに不動産業を行う上では宅建士の資格が必要とされるので就職面においても有利ですし、さらに資金が集まれば独立開業することもできるなど取得にまでかかる費用に対して効果に優れた国家資格です。宅建の資格の勉強方法としては予備校や通信講座といったものが中心ですが独学でも可能です。実際のところ独学をする人に向けた参考書も多く販売されているので、参考書だけを見て独学して合格する人も少なからずいます。予備校や通信講座の場合には試験に対する傾向と対策が行われるので合格率が高いですが、反対に独学で学び合格するということは宅建に合格するために必要な知識を十分に吸収していれば問題ありません。一方で合格率は誰でも受けられるということから、10%から15%程度で推移しています。これは何度もチャレンジしている人が多いことも影響していますが、一発で合格することも可能で、それを行うためには単に参考書などから学ぶのではなくその資格の趣旨を理解することも大事です。特にポイントとなるのが権利関係と民法対策で法律や社会的なルールを理解していればそれほど難しいものではありません。

Copyright© 2018 独学のような宅建学習法!自分のペースで学習するというメリット All Rights Reserved.